お知らせ

2019年07月02日

【校長ブログ】姉妹校エレスメアカレッジ高校のローナン・バス校長先生来校

 7月1日、浦和南高校の姉妹校であるニュージーランドのエレスメアカレッジ高校のローナン・バス校長先生が来校されました。本校に3カ月の長期留学をしているエレスメアカレッジ高校の生徒の激励とともに、7月21日から出発する浦和南高校派遣生との懇談会に参加いただきました。

 浦和南高校では、グローバル人材の育成にも力を入れています。英語では、2年次のオーストラリアへの海外研修旅行(全員参加)に向け、1年次の「英語表現?」ではチーム・ティーチング(2名の英語教員で授業)を実施し、2年次の「英語表現?」では1クラス20名程度の少人数授業を実施するなど、英語教育に力を入れています。そのため、3年次で英検準2級取得率は93%になっています。

 エレスメアカレッジ高校は、ニュージーランドのクライストチャーチから自動車で40分のリーストンにある生徒数約600名の公立の中高一貫校(男女共学)です。浦和南高校とは平成24(2012)年から姉妹校提携をしており、毎年相互の生徒・教員の相互交流を続けています。公立学校ですが広大な敷地にあるアットホームな雰囲気の高校です。エレスメアカレッジ高校の生徒は、オーケストラ、ロックバンド、室内楽、合唱、演劇など様々な課外活動に参加しています。特色の一つはカパハカ(マリオの歌と踊りの伝統芸能グループ)は年間を通じて様々なパフォーマンスに参加しています。スポーツでは、バレーボール、サッカー、ラグビー、クリケット、テニス、バスケットボール、陸上競技、乗馬、水泳など様々な活動が学校内外で行われています。エレスメアカレッジ高校では、Respect(尊敬)、Integrity(誠実)、Success(成功)、Empathy(思いやり)に価値をおいており(頭文字を合わせてRISEと称する)、生徒はこれを実践するよう奨励されています。日本での姉妹校は浦和南高校と徳島県立徳島北高校の2校だそうです。

 私は、浦和南高校に着任して、グローバル人材育成のためのプログラムが充実していると実感しています。留学生の受け入れに積極的なエレスメアカレッジ高校との連携はとても有意義だと考えます。ニュージーランドと日本の教育の相違点などについて語りながら、ローナン・バス校長先生と私は、姉妹校として相互交流の継続と更なる深化を確認し合いました。エレスメアカレッジ高校のモットーは「成功への飽くなき挑戦」。浦和南高校はニュージーランドのエレスメアカレッジ高校とともに「飽くなき挑戦」を続けます。(校長)

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ