お知らせ

2020年01月08日

【校長ブログ】No one will be left behind 「誰も置き去りにしない」

 今日は第3学期の始業式がありました。それに先立ち表彰式、卓球部関東大会報告、バトン部全国大会出場壮行会もありました。始業式の講話について紹介します。 

 令和になって初めての新年を迎えました。また2020年代の幕開けです。この10年を区切る年明けに考えたいのは、10年先の皆さん自身の姿です。2020年代は、君たちが社会を築く基礎をつくる時期と重なります。より希望のある未来を次の世代に伝えるためには、君たちは2020年代をどのように生きたらよいのかを考えましょう。

 No one will be left behind 「誰も置き去りにしない」

 この言葉は、2015年の国連サミットの会議で採択された「持続可能な発展目標」(SDGs=Sustainable Development Goals)の基本理念。世界中のあらゆる国や地域が「生産・消費のあり方」を変える必要があるなど、人々のライフスタイルにまで踏み込んだ地球レベル、世界レベルでの果敢なる挑戦です。

 浦和南高校でも使用している英語の教科書にも登場するマララ・ユスフザイさんは、この国連サミットで「世界のリーダーの皆さん、世界中の全ての子供たちに世界の平和と繁栄を約束してください」と訴えました。貧困、教育、気候変動など17分野にわたり、世界と地球を永続させるべく取り決めた開発目標です。その達成期限があと10年先の2030年。マララさんは当時18歳。まさに今の皆さんの年齢です。昨年、米国のトランプ大統領の挑発にも冷静に対応したスウェーデンの高校生であり環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんは、17歳。

 若さと自信は勇気を生み出す。

 皆さんは今朝、新聞を読みましたか。私は、朝日新聞と読売新聞を購読しています。新聞は国内のニュースや世界情勢、政治経済など幅広い情報を効率よく把握できる媒体のひとつです。日本では103の新聞社がありますが、全国的に毎日発行している新聞社は「読売新聞社」、「朝日新聞社」、「毎日新聞社」、「産経新聞社」、「日本経済新聞社」の5社です。元旦の新聞の社説欄は、各紙が総力を挙げて主義・主張をする場でもあります。社説はニュースとは違い意見が含有されているので、その意見に惑わされることなく書かれていることを的確に読み解く技術も大切です。

 読売新聞「平和と繁栄をどう引き継ぐか…変革に挑む気概を失うまい」

 朝日新聞「2020年代の世界 人類普遍を手放さずに」

 毎日新聞「民主政治を再構築 あきらめない心が必要だ」

 産経新聞「政権長きゆえに尊からず」

 日本経済新聞「次世代に持続可能な国を引き継ごう」

 5大新聞社も大きく保守系とリベラル系に分類され、主義主張は異なります。私が注目したのは、朝日新聞と日経新聞が国連サミットの「持続可能な発展」いわゆるSDGsに関連した思考であることです。

 来る2030年。皆さんは28歳から26歳になっています。皆さん、10年後の自分を想像してみてください。社会人の人もいるでしょう。大学院生の人もいるでしょう。日本国内で活躍している人もいるでしょう。海外で活躍している人もいるでしょう。結婚して子供がいる人もいるでしょう。仕事や趣味に没頭している人もいるでしょう。

 10年後、自分自身に誇れる自分であってもらいたい。そのためにも今の頑張りが大切です。大学入試センター試験まであと10日。素晴らしい浦和南高校の仲間とともに、逃げずに壁を乗り越えよう。素晴らしい浦和南高校の仲間とともに、逃げずに自分の夢を実現しよう。素晴らしい浦和南高校の仲間とともに、希望がもてる社会をつくっていきましょう。

 SDGsの合言葉。 No one will be left behind 「誰も置き去りにしない」

南高生の皆さん。

元気に挨拶していますか。

他人に優しくしていますか。

夢をあきらめていませんか。

志高く。

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ