お知らせ

2021年04月25日

5月1日は「さいたま市民の日」です。

 「さいたま市民の日」は、市民の皆さんが、郷土であるさいたま市の歴史や文化に親しみ、市民としての一体感とまちづくりに自ら参画する意識を高め、魅力あるさいたま市を将来にわたって創っていくことを期する日として制定されました。

 さいたま市は、平成13(2001)年5月1日に浦和市・大宮市・与野市の3市が合併して誕生しました。平成15(2003)年4月1日には、旧大宮市域に西区・北区・大宮区・見沼区を、旧与野市域に中央区を、旧浦和市域に桜区・浦和区・南区・緑区を設置し、全国で13番目の政令指定都市となりました。平成17(2005)年4月1日には、岩槻市を編入して岩槻区を設置し、現在に至っています。

〇さいたま市民憲章(案)

 おおらかな荒川の流れと、見沼田んぼが豊かに広がる武蔵野のみどりにいだかれたさいたま市は、街道や鉄道のかなめとしてにぎわい、歴史をかさねてきました。先人たちはここに集い、学び、祈り、美しさと深い味わいをたたえた独自の文化を育て、教育やスポーツのさかんな風土を培ってきました。このまちを誇りとし、ともに時をかさねる私たちさいたま市民は、だれもが自分らしく生きてゆける社会を築きたいと願い、このまちを未来につなぐ確かな道しるべとして、ここにさいたま市民憲章を刻みます。

 私たちは、

  まちの歴史や伝統を受け継ぎ豊かにはぐくんで、明日の世代に伝えます。

  小さないのちの大きな未来を信じて、子どもをみんなで支えてゆきます。

  みずから学び言葉をみがき、新たな挑戦を志し、自分を耕しつづけます。

  深く思いやり、広く理解し手をとりあって、ちがいを力にしてゆきます。

  空も水も、草木も花も里山も、ともにある美しい都市を創ってゆきます。

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ