トピックス

2020年10月06日

【校長ブログ】ハンドボール部 ICT活用で人間力も伸ばします

浦和南高校は、49の企業、大学、自治体が参加するテクノロジー活用によるスポーツ事業創発コンソーシアム 「Sports-Tech & Business Lab」事務局・ NTT データ経営研究所に高校として全国で唯一参加。部活動を科学的に分析することで生徒の課題解決能力を育てます。

株式会社スプライザ様に御協力をいただき、選手自らが考える力を身につけるためのゲーム分析ツールであるSPLYZA Teamsを、ハンドボール部のほか、サッカー部、女子バスケットボール部が導入しています。

10月5日は株式会社スプライザ様に御来校いただき、月1回のハンドボール部のICT活用研修会でした。生徒は写真のように熱心にワークシートに各自の考えを書き込んでいました。使用しているのは、チームスポーツ向けの戦術分析アプリ。スマートフォンやタブレット端末で試合や練習の映像を共有し、生徒らが各自で「シュート」などと、好きなワードを使ってシーン別にまとめたり、ある特定の場面でコメントを残したりできます。とかく部活動では、監督やコーチによるトップダウンだけだと、いわゆる指示待ちで受動型になる傾向があります。言われたことを、ただこなしているだけでは、運動能力は向上しても、「人間力」は伸びません。ワークシートへの取り組み方からも見て取れるように、部活動をとおしても、解のない課題に立ち向かってもらいたいと思います。

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ