トピックス

2021年05月03日

【校長ブログ】音楽は元気を与えてくれます…吹奏楽部定期演奏会

 校長として、新型コロナウイルスの感染拡大で大きく変わったことの一つは、部活動の大会応援に行かれなくなったことです。一昨年のゴールデンウイークは、運動部の大会が多くありました。昨年は大会自体が全て中止でした。今年は大会自体は開催されていますが、無観客で行われているため、保護者の方も応援に行かれない状況です。しかし、頑張る南高生の部活動の吉報が次々と届いています。ゴールデンウイーク明けにまとめて報告したいと思います。

 5月2日、蕨市民会館で浦和南高等学校吹奏楽部第13回定期演奏会を開催しました。昨年度は新型コロナウイルス感染拡大のために、定期演奏会は残念ながら中止となりました。今年は、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して、2年ぶりの開催となりました。部員、来場者予定者の体調観察とともに、写真のように観客数をホール会場の定員の半分とし、来場者の検温、手指消毒を徹底しました。

 吹奏楽部は、小原先生、小久保先生、永井先生、部活動サポーターの田本 一先生の指導のもと、充実した活動を続けています。歴代の先輩達のバトンを受け継いだ現役部員は、毎日、勉学との両立に格闘しながら懸命に練習を重ねてきました。

 ♪鳥之石楠船神、♪ブルースカイなど全11曲を演奏してくれ、特に今春の卒業生5名も応援演奏に駆けつけてくれた♪「ハウルの動く城」は圧巻でした。アンコールは♪YELLと♪宝島。ホール全体に元気を与えてくれました。

 定期演奏会は、部員一人一人が保護者をはじめ同級生や友人など、応援してくれる皆様への感謝の気持ちをあらわす場でもあります。日頃の成果を発揮して見事なハーモニーを醸しだしてくれました。コロナ禍で閉塞感が広がる世の中ですが、音楽が持つ素晴らしい力を、吹奏楽部の皆さんが示してくれました。1日も早くコロナ禍が終息し、生徒の皆さんがのびのびと部活動を謳歌できる日常が回復すること祈ります。

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ