トピックス

2021年07月08日

【校長ブログ】この紙に 私のおもい たくしたよ 南高で模擬投票

7月8日、浦和南高校では、さいたま市南区及びさいたま市選挙管理委員会と連携し、模擬投票を行う主権者教育を実施しました。今春のさいたま市長選挙における標語「この紙に 私のおもい たくしたよ」は浦和南高校生の作品で、生徒玄関口に掲示してありますす。

 さいたま市では12年間の学びの連続性を活かし、政治や選挙に関心を持ち、進んで社会参画しようとする児童生徒の育成に向けて、引き続き体系的な主権者教育の充実を図っています。今回、浦和南高校の2、3年生631名の生徒を対象に、市選挙管理委員会制作の架空候補者を想定している選挙啓発出前講座セットを活用しました。新型コロナ感染対策のため、まずに各教室で選挙啓発と架空候補者演説の動画DVDを視聴し、その後体育館で模擬投票を行いました。体育館に設けた投票所では実際の選挙で使用する投票箱や記載台、投票用紙も実際の選挙と同じものを使用しました。投票後、市選挙管理委員会職員の方と浦和南高校生徒会選挙管理委員会の生徒たちが一緒に開票作業を行い、オンライン会議システムZOOMで開票結果を発表しました。本校の学校運営協議会委員でもある 齊藤 剛 さいたま市南区長様からの講評では、今秋に実施される衆議院議員選挙に向け、投票の大切さを強調されていました。

関係者の皆様、ありがとうございました。

なお、この主権者教育の様子は、テレビ埼玉のニュースでも紹介されました。

詳細は、こちらをご覧ください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/95753657c58ee187ba41e6dcf753a801172d6d7f

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ